人事制度・人材育成について

株式会社浜田工務店は、「従業員の成長なくして会社の成長なし」という考え方が、昭和12年創業以来長い歴史の中で育まれて参りました。
この考えに基づき、従業員一人一人が自己実現に向け能力を最大限発揮し成長できる職場環境づくりを進めて参ります。

人事制度

企業環境、労務環境が変化している中、現在の人事制度の基調は「人基準」から「仕事基準」へとシフトしています。
当社はそういう状況下において、「職務行動重視人事制度」を実践しています。本制度の基本理念は以下の通りです。

1)「企業理念の追求」「経営ビジョンの現実」に向けた職務行動の重視

年齢や勤続年数ではなく、各人がいかにこだわりを持って「企業理念の追求」「経営ビジョンの実現」に向けた職務行動を実践するかにより処遇を行います。

2)「自発」「自律」「自己責任」の重視

「求める人物像」「要求する職務行動」を明確にすることにより、従業員一人一人が「自発」「自律」「自己責任」に基づき自己の職務行動の充実を図ることを重視し処遇を行います。

3)コミュニケーション力の重視

仕事をするにあたり、人とのコミュニケーションなくして職務を遂行する事は出来ません。当社は以下のコミュニケーション力を重視し処遇を行います。

  • お客様とのコミュニケーション
  • 上司と部下とのコミュニケーション
  • 各部門と各営業所間でのコミュニケーション

人材育成

企業競争力を向上させ、「企業理念の追求」「経営ビジョンの実現」をする為には、人事制度人材育成に対する考え方である「従業員の成長なくして会社の成長なし」でも言うように、従業員一人一人の意欲・能力の向上が不可欠です。
当社の人材育成制度も「管理職研修」「安全衛生・品質教育プログラム」「リーダー研修」等々多岐に渡りますが、従業員の意欲・能力の向上を図る為、以下の人材育成プログラムを新設いたしました。

キャリアプログラム(経営幹部候補・管理職の育成)

キャリアプログラム育成従業員に選抜後2~3年間は各営業所に配属され、工場内業務(化学メーカー・飲料メーカー・産業機器メーカー等々)を経験し、当社業務の基礎を横断的に学んでいただきます。
その後各部門の管理業務を約5年を経験し、経営幹部候補・管理職に相応しい総合力を持った人材を育成します。

ページの先頭へ